Mac Treasure Tracing Club

October 2007 Macお宝鑑定団
Mac News Link バナー広告募集 メールマガジン
PhotoshopWorld 2006 ReportReview counter

LicenseOnline Adobe製品ストア


10月25,26日にかけてTOC有明で開催されたPhotoshop world 2007 勝利の鉄則に関するページです。


基調講演レポート

史上最強の「Photoshopスーパースターズ」特別講演



Part.1 photoshop world キーノート
鈴木ロウ トーマス(NAPP)



鈴木ロウトーマス氏が挨拶したあとに、 栃谷氏が今年もAdobeにとって重要な年であった。Adobeは25周年。 CS3として、ソフトが一斉にバージョンアップ。構成としては6つのパッケージが作られ、Photoshop単体としても、デジタルイメージ、ピクセルエディタとして充実したラインナップとなり、Photoshopマークも新たに作られた。



Photoshopのこのバージョンは10番目。ここまでできるというのはなかなかないことです。 これも、トーマスノル、ジョンノルとう2人の兄弟のおかげである。トーマスはエンジニア、ジョンは、パイレーツカリビアンの制作で賞を取ったセレブリティ。

今日は、この2人と、ご存知ラッセルブラウンを招いて、History of Photoshopの講演をしてもらいますと基調講演の説明をした。

Part.2 アドビ基調講演・デモンストレーション/映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」メイキング秘話
Thomas Knoll + John Knoll + Russell Brown



アドビワンケノービとしてラッセルブラウン氏が登場し、チップスをひとつ披露。



今までしたことのないチップスをすると明日の予告をした後、ノル兄弟が登場。



アドビワンケノービの「今日は、スターウォーズの衣装を着てきましたが、2人はスターフォーズに関係あるんじゃない?」との質問に否定する二人に、「私は、その証拠をもってますよ。」と、通勤風景や、今まで行っていたデモなどにスターウォーズに関連した合成をした画像を映し、会場を笑わせた後、ほんとの歴史を語ってもらおうと思います。と、ノール兄弟にバトンタッチした。

ノール兄弟は、私はILMで、モーションカメラのオペレーションとして仕事をしていて、CGは趣味でしていた。説明した。

トーマスが、博士論文を書こうと思っていて、論文のために画像処理のプログラムをたくさん書いていた。そのときに画像を表示させたりする便利なツールがあり、これがPhotoshopのほんとの創世記である、ディスプレイという名前の小さなプログラムでした。



これは、様々なフォーマットの画像データを読んで、書いて、保存するもので、博士号をとるためのレポートを作るよりコンピュータ構文を書く方が楽しかったので、それに人生にとられ、博士号はとれないかな?って大学をやめちゃいました。



そのときに、商業的に売っちゃおうよ。ってことになって、トーマスは売れるかな?って懐疑的になっていたんですが、難しくないと思ったので計画的に売り込み、いろんな会社で好意的な反応をもらった。



実際、映画の本編でPhotoshopの原型が初めて使われたのは、Abyssでした。 と、Photoshopの始まりから、それが映画に使われるまでを説明。

次の、パイレーツオブカリビアンのメイキングの話に移る前に、Photoshopマスターから、の質問コーナーがあった。

電塾塾長、早川氏の質問:Photoshopの2.5ぐらいまではジョンさんの名前がのっていますがそれ以降なくなってるいきさつは?」

僕に訳させてください。「do you like jyapanese foods?」と横やりを入れ、会場を笑わせるアドビワンケノービ。

回答:当時、モーションカメラのオペレータとして働いていましたが、だんだんPhotoshopが大きくなっていくうちに100人体制で作るようになり、プライベートでも結婚し、子供が3人でき、時間がなくなり、自分がスーパーバイザーの立場になり、Photoshopからは去っていくことになった。

CCS NITE、鷹野さんの質問:Ver.10ということですが、私が使い始めたVer.2.0のころから考えると思いつかない機能がついてきています。Ver.20といった世界があるとしたら、どんなことができるようになるというイメージはありますか?

回答: 実は、バージョンはずっと前から決めてあり、内部的には、今 、Ver.42を作ってるんです。 市場をショックに陥れるといけないので小出しにしてます。 それだけのことをするパソコンもまだないのでとジョークを言った。

…ほんとのことをいうと、Adobeにしても、直前にならないとわからないことがあるんです。たくさんのエンジニアがたくさんの機能を作っていて、それがいつ世に出せるかはわからないんです。実際、自分も、できあがりをみて、驚いている。

だから、Ver.20といわれても全然わかりません。ユーザーの声を聞いて作っていますので今回こられているみなさんは、ぜひフィードバックをしてくださいと述べた。

鷹野さん:生きて、Ver.42をみたいと思います。

私はみてきましたよ。だんだん、パッケージがちいさくなってますので、のくらいになってます。を指でつまむようなポーズをし、数センチを開けてみせた。今から、ジョンノルからの講演がありますので、私はお土産配りに専念します。よいフォースを感じて、、。と、お土産配りをしだすアドビワンケノービ。

会場はパイレーツカリビアンの映像が流れ、そのメイキングへと移り、ジョンノル氏はPhotoshopのチーム一員でなくなっても忙しくしていまして、その一部を紹介します。と、話を始めた。

私は視覚効果担当のスーパーバイザーをしていますが、映画の視覚効果の技術を担当していまして、撮影だけでは対応できない部分を、監督さんたちとはなして、どんなことをしていくか決めています。

そこでパイレーツの最新作となるワールドエンドについて3つに分けて話したいと思います。

1、環境条件と船
2、海賊たち、クルー
3、渦巻き

元データから、海に入る船などがペイントで書かれてる完成データに背景がかわっていく映像をみせ、CGの部分、どのようにもとデータが撮られたかを説明。あらたな映像を投影し、海賊たちの入り江は大変複雑で、一人のデザイナーが8ヶ月かけて作ったと述べた。ほかにも、たくさんの合成のシーンと完成を見せてくれた。



ディビィジョーンズと、クルー全員がCGのキャラクターですが、これは、スケルトンをベースとして、仕上げています。キャラクターの動きをうまくとらえるのが重要だったのですが、セットではいろんな環境があるので、非常に堅牢なシステムではないといけなかった。



通常のモーションキャプチャはスタジオで、役者がトラッキングマウスをつけたスーツを着て撮影しますが、それを現場でするのは制約があるので、遠くまで持っていける手法を開発しました。それはグレイのスーツに点がついているもので、それを着ているということ意外、実写版の撮影と同じです。その映像をもとに、骨格を入れこんだ映像ができます。



ディビィジョーンズについて、もうひとつチャレンジしたのが、口ひげです。口ひげはいっぽんいっぽんの職種が複数のセグメントに分かれていて、その間にジョイントコントモーターというものでつないでいて、これをコントロールするためのプログラムを作りました。

パイレーツカリビアンの映像を流し、本当に、実写版と同じように撮影していて、ちがうのはグレーのスーツを着ていることだけ。役者さんたちが演技している、という状況でできるのがすばらしいと思います。しかも、その数が増えても対応できます。と、新たなプログラムの説明を終えた。

海のシーンを説明します。リアルでないといけないので、現実のものをペーストするというのが重要だと思います。CGをつかって、水を表現するのはとても難しいので、それはできるだけさけています。ただ、最後の大きな嵐のシーンはどうしてもCGで作らなければいけなかった。

体積がとても大きく、すべてブルースクリーンの前で行わなければいけなかったので、カリフォルニア州にある、航空機の格納庫をつかった。

油圧式装置の上に船を載せたものをブラックパール、フライングダッチの2つつくった。嵐のシーンなので、天井に600ワットの照明を1400個、グリッド状に配置し、全部の証明をつけると一千万ワットにもなった。これにCGを合成する。

2次元だとピクセルといいますが、が3次元だとボクセルといいます。このボクセルはひとつひとつ、メモリをたくさん使うので、とにかく最大のコンピュータを用意し、メモリは32ギガバイトという最も大きなものを使った。



そして出来たものを、私自身は、なかなかのできだと思ったので、合成して、レンダリングして監督に見せたら、大きな渦巻きなのに、大きさができてないから、駄目といわれた。一番大きなメモリでつくったのに、それが小さいといわれたので、ここは大問題だった。

それで、断面をみると、深さの半分くらいが無駄になっていたので、面積を大きく、深さを小さくして、大きな渦巻きをつくると、前のとくらべて、空間は4倍広がり、これを使うことになった。

このシミュレーションは時間がかかり保存もたいへんなのでできるだけ使いまわす方向で考えた。

渦巻きの流れに船をのせる手法を使ったが、船がフラットなときはよかったんだけど、船が底に近づくにつれて、難しくなった。

今度は船をまげて、渦巻きにあわせるという逆の発想で合成することにした。

このような手法をつかうことによって、シーンを使い回し、ごくごく限られたアクションシーンだけカスタマイズして作ることができた。

レンダリングもコストがかかってしまうので細かいシーンごとに分け、それを合成することにした。

■泡の調整
■水面下の泡
■波の上のしぶき
■船の航跡
■大気の様子

と、ひとつの渦のシーンを作るために、5つのレンダリングがあることを説明し、このように別々になっているからこそ、微調整ができたのです。全くセットを使っていない、あるいは一部しかセットを使っていない、そんなシーンが多かったです。と、この作品でのCGの役割の大きさ、作成での困難な部分と、それをどう解決したかを映像を用い、わかりやすく説明した。

さらに、こういう作業は複雑なので、自分たちの思った通りにならないことも多い。と、布を使ったうまくいかなかったシュミレーションを見せ、会場を笑わせた。



また、ディビィジョーンズのひげがビョンビョンしてる映像をみせ、職種のパラメータの入れ方を間違えるとこのようになってしまいます。とても気に入っているので、監督にどうしても使ってほしいと言って、最後に心臓を突かれて死ぬところで使いました。と、映画の秘話も披露。他にも、数点の失敗映像やパロディをみせ、会場を笑わせた。



最後に再び、Photoshopマスターからの質問コーナーがあった。

スペシャルエフェクトスタジオ、古賀氏からの質問: 合成の場合はブルースクリーンで撮影されることが多いと思いますが、前半で見せていただいた、全くブルースクリーンのないもので行われているのはなぜですか?また方法はについて教えてください。

ケースバイケースできめています。状況によって、よりよいものが出来る、簡単にできるなど、どちらかの方がいいということがあるので、必ずしも、ということはありません。色については、青かグリーンのバックを使うことが多いですが、バックスクリーンの色を決めるのは衣装の色によることが多いです。

日本では考えられないことですが、高い俳優さんを使わず安い俳優さんにマスクをつけ撮影することがあるというのは本当ですか?

時間で何かを決めるということではなく、作品の質でえらんでいます。ただし、ほんとのクルーを使うのはとてもコストがかかるので、ほんとのクルーを使った方が早くても、時間をかけても安くなるという場合、ポストプロダクションを使うこともあります。


Russell Brownレポート

今日紹介するチップスについて、http://www.russellbrown.comからダウンロードできるページにいけることを述べた上で、今日の講演が始まった。

最初に、ビデオファイルをPhotoshopで編集することについてのチップスをいくつか披露した。



同じファイルをそのままで、PhotoshopとQuicktimeでひらくと、Photoshopのほうが彩度がきつくなってしまうので、開くときにプロファイルの設定で、現在のモニタのプロファイルを選ぶと、他のビデオでみたときに色が変わらない状態で作業できる。



PremiereやAfterEffectsなど、同じことのできるソフトがあるが、Photoshopであれば、使い慣れた感覚でビデオファイルの色補正等ができるので、今まで、静止画で培ったスキルで動画を触ることができる。とメリットを説明した。

さらに、Photoshopで動画を作るチップスが進み、合成方法について、いくつか説明があった。

合成する場合、上のレイヤーのいらない部分をひとこまひとこま消しゴムツールを使って消していくこともできるが、大変なので、ドクターラッセルのつくったプログラムを紹介。

これをホームページがからダウンロードすることによって、色域指定ですべてのコマのバックを抜くことが出来る(ただし、消したい背景は一色である必要があるように思えた)。

さらに、バックが抜けて、人物だけになったレイヤーにベベルとエンボスのレイヤー効果をつけ、上から自然光があたっているように見えるように調整すると、背景ときれいになじませることが出来る。

この効果が使えるのが、Photoshopで動画が使える一番のいいところではないか。

出来たファイルの書き出し方法については、書き出すときのファイル形式のおすすめはQuicktime形式で、Photoshopで作ったものを動画編集ソフトで開く場合はSorenson 3にし、圧縮は最高にすると一番無駄のない形式になる。



どの用途に使うには、どの形式がいいか書いてあるサイトがアメリカにあるので、参考にされるといいと思います。日本にもあるかと思います。と述べた。

さらに、2人の写真から、合成した1人にする方法を説明した。2枚の写真から、いらないところを選ぶと、それをのぞいて自動的に合成される。

レイヤーマスクを作って、いらない部分を抜いてしまうのが一番簡単な方法で、ハードエッジで小さめのブラシを作り(今回は9ピクセル)、簡単に書くだけでいいと説明。2枚の写真を合成させ、今までもこういうことは出来たが、色補正も自動で出来るようになったのがよくなったと述べた。

次に、海の中から水面をみた画像と、底の画像を選び、2つの写真を合成し、色の強さのちがう写真が一瞬で、1枚の絵となる様子を見せ、この場合のポイントは、2つの写真を一部重ねることと説明した。



さらに、合成したファイルに、3Dオブジェクトである恐竜?を配置。

なじませるため、不透明度を下げ、さらに、マスクとブラシを使い、スタイルからエンボスを選ぶ。この、なじんだ状態でも、3Dの恐竜は自由自在に向きや大きさが変えられることを説明した。

合成のデモからBridgeを使ったCamera Rawのデモに移った。Bridgeを使い、jpgファイルをダブルクリックするとPhotoshopで開くと思いますがコマンド+Rを選ぶと、Camera Rawのウィンドウで開きます。



最初にCamera Rawで保存すると、その情報が入ったJPGとなることがよいと述べ、CS3から付いたCamera Rawの色相補正の説明をした。自然な彩度は、いままでより、遥かにインテリジェントで、彩度が上がりすぎて色がつぶれることがなくなり、これは肌の色を調整するために作られたもので、お気に入りの機能だと説明した。また、輝度を使い、特定の色の部分を調整する方法も説明した。



デモで保存されたファイルを、Bridgeでみると、Camera Rawで開いたというマークが付いた。これで、Photoshopで開いても、Camera Rawで更新した状態で開くようになる。が、Illustratorなどでは反映されず、もとの画像で出てしまうので、気をつけなければならない。と述べた。



再びPhotoshopにもどり、調整レイヤーの中に新しくできた白黒のデモをした。調整レイヤーで白黒を選び、レイヤーの表示を輝度にして、調整レイヤーを選ぶと、クリックした色にもとづいて明るさを変えることができる。



また、レイヤーの表示を比較(暗)にし、白黒調整レイヤーを選ぶと、白黒のなかに、ある一定の色だけを表示させることができると、色補正の新しい方法と、それを作品作りにどう生かすかを説明した。

最後に、静止画からアニメを作る方法について、連続して撮ったTIFFのイメージファイルの一番最初に撮ったファイルを開くときに、画像シーケンスというオプションをチェックすると、自動的にその後に撮った写真をアニメーションにしてくれ、これをビデオファイルとして書き出すことができる。と述べた。


自動更新バナー

 iTunes Store(Japan)
Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」