.
.


tseyboldsf99keynote.gif
SEYBOLD SF99


September 1999 MACお宝鑑定団 
counter


各社の広告

Keynote Speech Live!


・Apple Seybold SF '99 Keynote (再放送)
・ZTTV Steve Jobs Intros the G4 (再放送)

(日本時間 9/01 午前1:00から放送)

sjseyboldsfpromo2.jpg
Keynote Speech report


・Seybold SFにおける基調講演でApple暫定CEO Steve Jobs氏は、Power Mac G4とApple Cinema Displayを発表しました。Jobs氏は最初、Apple社の業績が7四半期連続で順調に伸び続けていることを説明し、また現在30億円以上キャッシュが あり、また昨年度会計の第4四半期にはCompaqが28日分、Gatewayが6日分、 さらにDellが9日分も在庫を抱えていたにも関わらずAppleはわずか1日以下 (正確には5時間)だったと発表していました。そしてGAP社のCEO Micky Drexler氏がAppleのボードメンバーに加わったと説明していました。

iceo.gif


まず最初にQuickTime 4に関しての説明を行ない、QuickTime 4によるStar Warsムービーのダウンロードが25万にも達し「インターネットの歴史の中で最大のイベントとなった」と述べていました。Jobs氏はAkamaiへの最近発表された投資について触れ、インター ネット上のストリーミング能力を改善する事ができるだろう、と述べていました。また新しくWarner Brothers社とRhino Records社がQuickTime TVのテレビ局として加わったことを明らかにしていました。

続いてPhilSchiller氏がQuickTime TVのデモお行ない、Star WarsやAl Yankovic's、Fox News、Warner Brothers、Toy Story 2など様々なサイトを紹介していました。

Phil.gif macos9.gif


そしてJobs氏は「Internet co-pilot(インターネットの副操縦士)」というスローガンともに10月から$99で発売予定のMac OS 9(CDのカラーが変更されています)に関しての説明を行ない、50以上もの新機能の中から、厳選して9つ紹介すると説明し、Sherlock2のデモに続いて、AppleScriptのデモを行ない、Filemaker Proを使用してサンフランシスコとニューヨークに置かれたMacintoshと間で、データベースの自働更新を行なうデモが行なわれ、会場から大きな拍手がおきました。Jobs氏は「これでネット・パブリッシングという言葉にに新たな意味が加わる事になるだろう」と述べていました。そしてKeyChainを使用した声紋認識パスワードのデモを行ない、PhilSchiller氏が登録したボイスパスワードにJobs氏がアクセスして、チープな音とともに拒否されるデモを見せていました。

applescript.gif voice.gif


そしてApple社の4つのカテゴリーに分かれた製品紹介を行ない、まずiMacについて説明していました。Jobs氏は8月15日で1歳の誕生日を迎えたと説明し、そのiMacがこれまでに200万台以上出荷され、90%以上のiMacユーザーがインターネットへ接続していると述べていました。 またUSB周辺機器として、NEC社製のポータブルスキャナー、Epson社、Canon社製のプリンターなどを紹介していました。

IBM社のOzzie Osborne氏が登場し、ViaVoice for Macintoshのデモが行なわれました。デモンストレータによる言葉を認識しながら文章がテキストに打たれ、その後音声によってMicrosoft Worldが起動し、テキストがコピーされると会場から大きな歓声が沸き上がっていました。

vivavoice.gif


次にiBookに関して説明し、ATI RAGE mobilityを搭載、G3/300MHz、6時間駆動バッテリー、先進的なI/Oなどを装備していると述べ、現在iBookの注文が14万にも達しており、これは世界最大のノートブックマーケットである日本からのオーダーを含んでいないことを何度も強調していました。そしてBarry White'sのiBook セレナーデの曲が流れるCMや、Jeff Goldblum氏による「コンピューターに恋をした事がありますか」というナレーションが入ったCMが紹介され、続いてAirPort base stationのCMが流れました。ここでJobs氏はAirPort base stationに当初予定されていた10ユーザーバージョンに加えて、50ユーザーバージョンを追加することを明らかにしていました。

ibook.gif


次にPowerBook G3 series(Bronze keyboard)に関して紹介し、G3/400MHz、5時間駆動可能なバッテリーを持ったビジネスシーンに適したMacintoshだと紹介していました。

そして今回のハイライトであるPower Mac G4の紹介に移りました。まず最初にJobs氏は「スーパーコンピュタはなぜスーパーなのか?」と問いかけ、その性能を説明し始めました。Jobs氏によれば、これらの新しいシステムでは1秒間あたり10億回の浮動演算処理が実行 できる処理能力が、つまり1gigaflopsの速度が必要であるとし、来世紀にはこのgigaflopsという単位が極めて一般的になるだろうとし、そして個人ではとてもこれほどの性能を持ったコンピュータを購入することは出来なかったと説明してから、PowerPC G4を発表し、これは1 gigaflopsの速度を維持し続ける事ができて、最大4 gigaflopsまでの速度を出す事の出来る「一つのチップ上にのったスーパー・コンピューター」と称讃していました。これはApple、Motorola、IBMとの共同開発だと説明し、出荷されるクロックが400MHz、450MHz、500MHzの3つだと説明していました。

g4.gif pmg4.gif


そしてJobs氏は、このPowerPC G4を搭載したPower Mac G4は、AGP 2xバス、Ultra ATA/66ドライブ、Firewire Port x3を装備し、AirPort Cardを搭載可能な仕様だと説明し、Jobs氏は黒い布に覆いを外し、シルバー、クリアーと「グラファイト」グレイを組み合わせた新しい匡体を披露した後「このPower Mac G4は来年1月から発売する」と話し出して一瞬とまり「いや今日から発売する」と述べ会場から拍手が沸き上がっていました。

lineup.gif


400MHz版は64MバイトのRAM、10Gバイトハードディスク、CD-ROMドライブといった仕様で、今日から1,599ドルで購入出来ると述べ、450MHz版は128Mバイトのメモリ、20GバイトのハードディスクとDVD-ROMが搭載され、9月に2,499ドルで出荷されると述べていました。また最高クロック版となる500MHz版は、256Mバイトのメモリ、27Gバイトのハードディスク、DVD-RAMを搭載され10月に3,499ドルで出荷すると説明していました。Jobs氏は「これらのシステムはG4のパフォーマンスに最適化されたPhotoshopプラグインをバンドルして出荷される」と説明していました。

続いてJobs氏はPhilSchiller氏と共にPowerPC G4/500MHzとPentium III/600MHzとを、Toy StoryのBuzz Lightyearをレンダリングする性能比較を行ない、圧倒的な性能さを紹介していました。Jobs氏によれば「今あるコンピューターはみな、G4に屈服するだろう」と自信を語り、続いてメモリーバンド性能による性能比較テストを行なっていました。続いてJames Bondムービーのエンコード速度の比較を行ない、SETI@Home projectとの比較実験では、Pentium IIIで25時間かかったのが、たった6時間で終了したと説明していました。

そしてAdobe社のCEO John Warnock氏が登場し、「業界はもはや退屈なんてしていられない」と述べ、高性能な処理能力によって、作業環境が劇的に改善されたことを説明していました。

adobeceo.gif


そして再びJobs氏が登場し、このコンピューターはとても速い為、政府によってスーパー・コンピューターに分類され、一部の国には輸出できないと語り、Power Mac G4のCM「weapon」(アメリカ政府がパソコンを兵器として分類したのはG4が初めてという内容で、数台の戦車がG4をガードして取り囲むという内容。)を放送していました。そしてJobs誌は「自由を愛する全ての国で売り出されるだろう」と述べていました。

weapon.gif cinemadisplay.gif


そして講演を終えようとするそぶりを見せた後「もう1つあった、、」と述べ、舞台の奥から22インチのフラットパネル・ディスプレー「Apple Cinema Display」を持ち出し3,999ドルで発売すると発表していました。Jobs氏はこのディスプレイをPower Mac G4の最高の伴侶だと説明し、2倍の輝度と応答速度を持ち、他社のLCDと比べて3倍のコントラストを誇り、フリッカーも無く、24インチのCRTと同等の表示面積を持つと説明していました。ただ出荷量が限られるため、Power Mac G4/500MHzまたは450MHzとのセット販売となり、そのセット価格は6,498ドルからで、10月1日から販売すると述べていました。また現行の同社のディスプレイも全てG4カラーで提供されることも発表していました。



.
.
Copyright (C) 1999 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。
GigaHit