Mac Treasure Tracing Club
Worldwide Developers Conference 2008

June 2008 Macお宝鑑定団
WWDC 2003 WWDC 2004 WWDC 2005
WWDC 2006 WWDC 2007 counter



自動更新バナー


2008年6月9日~月13日の5日間サンフランシスコで開催されたWWDC 2008に関するページです。



関連 Link

WWDC 2008 Keynote (Apple)
米アップルが「iPhone 3G」を発表・写真で見るジョブズ氏の基調講演 (IT+PLUS)
iPhone 3G「ホワイトプランにするつもり」・ソフトバンク孫社長 (IT+PLUS)
WWDC 2008基調講演速報:iPhone 3Gを7月11日に世界同時発売〜8GBモデルは半値の199ドルで登場 (PC Watch)
iPhoneのソフトウェアはバージョン2.0へ〜サードパーティアプリも解禁 (PC Watch)
世界一斉7月11日に発売となるiPhone 3G (PC Watch)
WWDC基調講演で明らかになった「iPhone 3G」のスペック (ケータイ Watch)
WWDC'08基調講演速報:携帯電話からコンテンツプレーヤーへ脱皮した「iPhone」(ITmedia +D PC USER)
iPhone/MobileMe担当者インタビュー(ITmedia +D PC USER)
WWDC'08基調講演まとめ(前編):「iPhone 2.0」で何が変わるのか?(ITmedia +D PC USER)
WWDC'08基調講演まとめ(中編):Macで、Windowsで、iPhoneで、いつでもどこでも「MobileMe」(ITmedia +D PC USER)
WWDC'08基調講演まとめ(後編):「iPhoneは電話のあるべき姿を永遠に変えた」(ITmedia +D PC USER)
予測通り「iPhone 3G」が登場,Apple社はWebサービスを強調(Tech-On!)
「199米ドル」は世界展開への布石,iPhoneマーケティング責任者に聞く(Tech-On!)
iPhone 3Gの提供国・事業者一覧 - 孫社長「日本でもブームになる」 (マイコミジャーナル)
WWDC 2008 - ユーザー満足度90%を超える「iPhone 3G」 - ジョブズ氏基調講演 (マイコミジャーナル)
WWDC 2008開幕--S・ジョブズ氏基調講演ライブカバレッジ (CNET Japan)
基調講演(前編):iPhone 2.0が切り開く地平 (ASCII.jp)
基調講演(後編):iPhone 3Gがモバイルの世界に革命を起こす! (ASCII.jp)
ジョブズCEOは何を語ったか(その1) (PC Online)
ジョブズCEOは何を語ったか(その2) (PC Online)
ジョブズCEOは何を語ったか(その3) (PC Online)
WWDC 2008 スティーブ・ジョブズ 基調講演 (Engadget)
WWDC 2008: iPhone 3G 実機インプレッション (Engadget)

WWDC 2008 前日レポート (PC Watch)
明日開催で会場へ参加者続々,噂の新型iPhone発表の根拠は? (ITpro)
Jobsキーノート直前会場レポ、早朝5時にしてすでに大行列 (マイコミジャーナル)
よいよ開幕:9時42分に、未来が呼んでいる「WWDC 2008」直前リポート (ITmedia +D PC USER)



発表資料

アップル、Mac OS X Snow Leopardをデベロッパにプレビュー
アップル、新しいiPhone 3Gを発表
アップル、MobileMeインターネットサービスを発表
ソフトバンクとアップル、iPhone 3Gを7月11日より日本で発売
iPhone SDKのダウンロード数250,000を上回る



基調講演レポート

・今回のWWDC 2008は、過去最高の5200人の参加者となり、147のセッション、そのうちマックが85セッション、iPhoneが62のセッション、169のハンズオン、1,000人のAppleエンジニア、などが予定されている。



Appleは、3つの柱からなり、Mac、音楽のiPodとiTunes、そして、iPhoneの3つの柱からなりたっている。



最初は、Scott Forstallと、Phil Schillerに手伝ってもらってiPhoneについて説明する。その後、Bertrand Serletが、午後のセッションで、次期Mac OS Xである「Snow Leopard」のプレビューを見せてくれる予定だ。



最初に、 iPhone 2.0プラットホームについて話そう。大きく分けて3点で、エンタープライズ、SDK、エンドユーザー向けの機能について説明する。



iPhoneソフトウェアは、SDK配布を開始してから95日で25万ダウンロードを記録した。そのうち、有料のデベロッパーは2万5,000人、ただ、全員に参加してもらうことが出来ないため、現時点で4,000が登録している。



フォーチュン500の35%は、そのベータ・プログラムに参加した。銀行のトップ5社、証券会社のトップ5社、セキュリティ企業のトップ5社航空会社、エンターテイメント会社、製薬会社などが参加している。



エンタープライズ機能について、プッシュemail、プッシュカレンダー、プッシュコンタクト、オートディスカバリ、グローバルアドレス検索、リモートワイプ、すべてが搭載され、加えてCisco社との協業によるVPNサービス。また、あるゆるセキュリティー機能も含まれると説明した。



壇上に、Scott Forstall氏が登場し、iPhone 2.0 SDKでは、Appleが実際社内で使用しているのと同じAPIを利用する事ができ、同様にアプリケーションも開発する事が出来る。

iPhoneのAPIとFrameworkはMac OS Xと多くの部分で共通し、カーネルの基本部分は同じで、Coreサービスとして、SQL lite, OpenGL ES, OpenALも利用する事が出来ると説明した。

その上に、オブジェクト指向UIフレームワーク「Cocoa Touch」をのせている。それによって、すべて、フルタッチスクリーンによってコントロールする事が出来ると説明した。



そして、デベロッパーとして、セガのEthan Einhorn氏がステージに登場し、2週間で4ステージ、8週で110ステージを完成させた4匹のサルのゲームを紹介した。



eBay社のKen Sun's氏が壇上に上がり、イティブのebayアプリを紹介した。



Loopt社のSam Altman氏が、サービスを開始する初日に無償配布すると説明した。



Six Apart社のMichael Sippey氏が、TypePadアプリを紹介し、これを無償提供すると説明した。



AP社のBenjamin Mosse氏が登場し、写真・動画ニュースアプリ。iPhone「から」APにニュースを送信することが可能。



Moo Cow Music社のMark Terry氏は、作曲が出来る「Band」を紹介した。



Pangea Software社のBrian Greenstone氏は「Enigmo」と「Cro-Mag Rally」の2つのゲームソフトを紹介した。



MLB.com社のJeremy Schoenherr氏は、スコア、データ、ハイライトの動画を表示可能なアプリケーションを紹介した。



MODALITY社のS.Mark Williams氏は、医療向けの人体モデルソフトを紹介した。



MIMvista社のMark Cain氏は、医療向けのソフトウェアを紹介した。



Digital Legends Entertainment社のXavier Carrillo Costa氏が、God of War風のゲームを紹介した。



Forstall氏が再び登場し、多くのリクエストがあった機能として、実装されていない機能にIMクライアントがある。ユーザーがアプリケーションを起動していないときでも通知を必要とする、この問題は絶対に解決したい。ではどうやってするかだが、間違った解決法はユーザーが終了したと思っていても、バックグラウンドで動き続けることで、それはバッテリーを消費し、CPU使って重くなってしまうことだと説明し、Windows Mobileのタスクマネージャ画面を表示した。



Appleは、すべてのデベロッパーに提供するプッシュ型の通知サービスによって解決すると説明し、iPhoneとIPコネクションを維持し、サードパーティーはそれを通じて、音声やアイコン、カスタムテキスト通知を送ることができると説明した。



Steve Jobs CEOが再び登場し、iPhone 2.0の新機能について、AppleのPages、Numbers、KeynoteといったiWorkファイルをサポートすると説明した。また、Word、Excel、PowerPointといったMS Officeファイルをサポートすると説明した。



次に関数電卓機能や、日本語と中国語の手書き認識機能も搭載すると説明し、iPhone 2.0ソフトウェアを7月初旬にリリースすると発表した。iPhoneユーザーが無料で、iPod touchユーザーには9.95ドルで提供すると説明した。



Steve Jobs CEOは、Apple Storeについて説明し、デベロッパーがiPhone向けアプリケーションを販売する時、有償ならば利益の70%を保証し、無料ならば料金は発生しない。



それらは、App Storeを通じて販売され、10MB以下ならば、携帯通話経由、WiFi、iTunesで、10MB以上ならば、WiFiまたはiTunes経由でダウンロードする事が出来ると説明した。



22カ国からApp Storeの範囲を拡張し、62カ国にまで販売地域が伸びそうだと説明した。

Phil Schillerが登場し、新しいサービス「MobileMe」について説明した。



Exchangeのような機能を持ち、プッシュemail、プッシュカレンダー、プッシュコンタクトによって、iPhone、Mac、Windows PC間で同期することが可能だと説明した。



AjaxベースのWeb2.0アプリケーションが提供され、メールやカレンダーなどをSafariで使う事が出来ると説明した。



60日無料で利用可能で、料金は1年間で99ドル、容量は20GBが標準だと発表した。

Steve Jobs CEOが登場し、iPhoneは、6月29日に初めての誕生日を迎える。



次の挑戦は「3G iPhone」だと述べ、新しい「iPhone 3G」を発表した。



背面が黒いプラスティックに変わり、ヘッドフォンジャックはフラッシュサーフェイス化したと説明した。

EDGE接続と比べて格段に速いと説明した。



またGPS機能を搭載し、音楽再生時間は24時間可能になったと説明した。



最初22カ国で販売を開始するが、今年中に70ヶ国で販売を開始すると発表した。



価格は、iPhone 3Gの8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドルで7月11日から発売を開始すると発表し、基調講演を終えた。





事前会場レポート

・例年通り、会場には、今回のテーマを表すバナーが掲げられてます。なお、基調講演後にかけ変えられることもあります。



・今年、参加者に配布されたのは、IDカード、バッグ、Tシャツで、Tシャツのデザインが、IPhoneのアイコン風にアレンジされてます。


・Apple Company Store レポートはこちらです。




 iTunes Store(Japan)
.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。